仮性包茎の個人でも出来る治し方とは?

仮性包茎は他の包茎とは若干方向性が違っています。
男性的なコンプレックスである事には当然大差はありませんが、いわゆる手を加える事で比較的簡単に包皮が剥けます。
実は日本人男性の多くが仮性包茎だと言われていますよね。
こういった問題は正しい数値や統計が出づらいのが玉に瑕です。
ただ仮性包茎は真正包茎やカントン包茎に比べてリスクが低く、治し方も個人で実践できます。

まず最初に挙げられる治し方ですが、毎晩お風呂場で包皮を剥く練習をする事です。
何だか大変月並みでごめんなさいという感じではありますが効果的なので実践してみるべきでしょう。
仮性包茎の多くは多少の痛みや不快感を感じるものの、自力で剥く事ができ、毎晩練習していわゆる剥く癖を体に刻む事で、比較的簡単に個人的な対策でコンプレックスが克服出来るのです。

剥く際の注意点ですが、ある程度湿り気や清潔感がないといけません。
自室などは乾燥している事もありますし、現実問題として雑菌やホコリ等が飛んでいる事が予想されます。
お風呂場であれば適度に湿気があり、身体を綺麗にした後であれば手や下半身も清潔ですので、包皮を剥く作業を安心して行えます。
ボディーソープなどを適量潤滑油のようにつかう工夫もありますが、敏感な部分なので出来れば使わない方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です