仮性包茎は本来は手術はいらない

包茎には主に3つのタイプに分かれますが、手術が必要なのは2つになります。
それは真性タイプとカントンタイプの2つは治療が必要になります。
しかし、仮性タイプに関しては手術は必要ありません。
それは真性タイプとカントンタイプは放置しておくと様々な弊害が生じるため治療が必要になりますが、仮性タイプに関してはこれは正常であるとされていますので治療がそもそも必要ないからです。それでも手術したいという方も多くいらっしゃるのも事実です。
それは、亀頭が勃起してない時でも剥けている状態の方がコンプレックスがないと感じている男性が多いからでしょう。
ですが、仮性包茎は包茎という文字が付いていますが異常ではなく正常な状態であります。
このことを勘違いされている方も多いです。
それでも仮性包茎の手術がしたい方は、クリニックをおすすめします。
理由は、クリニックでは見た目の美しさにもこだわってくれるため、治療した後が目立たないようにしてくれるからです。
確かにクリニックは病院の泌尿器科と比べてると健康保険の適用がありませんので料金は高くなりますが、今後のことを考えると見た目の美しさにもこだわってくれるクリニックで受けた方が良いでしょう。
それに仮性包茎はそもそも健康保険の適用を受けられませんので、病院の泌尿器科でも受ける場合には実費扱いになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です